第三回学校美術館 


作品画像はここからご覧ください


第3回「三小アートギャラリー」
    「いろいろな素材」

主催:武蔵野市立第三小学校
協力:TACネットワーク
会期:2008年3月7日〜3月25日 9:00〜15:00
場所:武蔵野市立第三小学校 「ふれあいルーム」
参加作家:井波未知子、堀本俊樹、望月厚介
展示内容:インスタレーション、ガラス彫刻、平面
お問い合わせ先:望月厚介 電話:042ー384ー5605


「第3回学校美術館」が武蔵野市立第三小学校(ふれあいルーム)で開催されました。
今回は武蔵野市の井波未知子氏、日野市の堀本俊樹氏、それに私望月の3人展をすることにしました。
当日3月7日は「三小アートギャラリー」として、作品鑑賞授業が実施され、6年2組30名の生徒と 図工専科の先生を交えてギャリートーク(フリートーキング)をしました。
特に子供達は素材(ガラス)に興味を持ち小品を手に持ってその重さを確認したり、色はどうやってつけるのか等、二人の作家に質問したりで大賑わいでした。

作品鑑賞授業研修ということもあって、多摩地区の小中の図工の先生(約30人)が参加され、先生方も この企画に大変興味をもたれたようで、都内のあちこちで行われている鑑賞授業の参考例を話し合われたようです。
今回は作家の作品数がかなりあって、授業としては散漫となり少し混乱したようですが、次回はもう少しコンパクトな 展示を考えています。


望月厚介