右ページ内の項目

(1) 活動の趣旨
(2) 名称と事務所
(3) 構成
(4) 事業
(5) 会計
(6) 役員
(7) 総会及び役員会
(8) 付則

 

 

 



「TACネットワーク」規約

(1)活動の趣旨

 本会は「多摩現代美術家会議」の理念を発展させて、多摩地域をベースに、作家と市民、行政、企業が共にもてる力を生かしながら、アートを通して文化の拡がりと深まりを求めるための「ネットワーク機構」を目指します。


(2)名称と事務所

 本会は「TACネットワーク」(Tama, Artist and Citizen Network)といい、事務所を事務局宅におきます。

(3)構成

1] メンバー
 メンバーは、本会の趣旨に賛同する、(原則として)多摩に在住、勤務する作家及び市民です。年会費を支払った方とします。

2] 賛助メンバー
  賛助メンバーは、本会の趣旨に賛同し、賛助金を支払っていただける個人または団体とします。

3] ボランティア スタッフ
 協力者は、本会の趣旨に賛同し、本会叉は事業の運営に労力を提供していただける市民の方とします。


(4)事業

本会は、趣旨を実現するために、次の事業をおこないます。

1] 情報交流メンバー同士の交流のためにの情報誌の発行、ホームページ.アーティストファイルの作成による情報発信などを行います。

2] 自主事業
 展示、ギャラリートーク、シンポジウム、ワークショップ、国際美術交流などを主体とした共同事業を展開します。

3] 学校美術館、公民館事業へのアーティストの紹介など、趣旨に沿った企画運営に協力します。

4] 新メンバー登録の手続き
 メンバーの登録は、役員会の承認によって決定されます。


(5)会計

 本会はメンバーの会費によって維持される。

1] 会計は、4月から3月までの年度により処理し、その内容を書面により報告 します。

2] メンバーは、年会費として2,000円を、通信、事務、会議、ホームページ費  として納入する。

3] 賛助メンバーからは、1口1,000円の賛助金をうけます。

4] 必要に応じて助成金を得て事業をおこないます。


(6)役員

 上記事業を行うために、本会に次の役員を置き、任期は2年とします。但し、再任は妨げないものとします。
1] 代表:本会を代表し、総会及び役員会を召集します。
2] 副代表:代表を補佐し、必要に応じて運営を代行します。
3] 企画:自主事業、共同事業を企画します。
4] 会計:会計処理をします。
5] 事務局:メンバーへの連絡、新メンバーのコーディネートなどを行います。
6] 会計監査

(7)総会及び役員会

 本会の活動を維持していくため、下記の会議を開きます。

1] 総会: 前年度事業の総括及び会計決算報告、新年度の年間の事業計画及び予算、役員体制について決定します。会員の過半数で成立し、過半数で議決します。

2] 臨時総会: 必要に応じて代表が臨時に総会を開催することが出来ます。

3] 役員会: 原則として、毎月定期的に役員による会議を開き、必要に応じてメンバー参加の依頼する。


(8)付則

施行にあたっては、細則を設ける。

以上

このページのトップに戻る